どんな歯科治療も安心に行いたい|健康でイイね!な歯づくりを始める

歯医者

検診を受ける

歯科検診を定期的に受けるということ

歯

歯が痛い、詰め物が取れてしまった、歯が欠けてしまったなど歯のトラブルが起こってから歯科にいくという方が多いと思いますが、歯科に行くまでの間「痛み」「不快感」「違和感」が続くと思います。そのような症状が出る前に予防や改善の意味も含め歯科に定期的に通うことには多くのメリットがあります。まず、自分の歯の状態を知るということです。虫歯や歯周病がないかどうか、詰め物は取れそうではないか、小さく歯が欠けているところはないか、などを診てもらうことができます。早期発見、早期治療ができれば当然痛みや不快感、違和感に悩まされる期間も少なくてすみます。定期的に歯科健診を受けるメリットは他にもあります。それは、定期的に歯をクリーニングしてもらえるということです。以上の2点から、定期的な歯科受診は大切だと言えます。

自分で知っておくことの大切さ

歯科治療には色々な方法があります。例えば、虫歯になってしまいかぶせ物をする必要が出たとき金属、プラスチック、セラミックどれが保険適用なのかどれが値段が安いのかどのような違いがあるのか分からないことが多いと思います。同様に歯が抜けてしまったときにもインプラント、ブリッジ、部分入れ歯保険適用について、値段について、お手入れについてなど分からないことはたくさんあります。そこで、自分で調べておけばその知識がいざというときに役に立ちます。また、早期発見であればあるほど治療費も安くすむということを知っておくとさらに良いと思います。定期的な歯科検診に加え、治療方針についても自分で勉強しておくことでその知識が歯を守ってくれることになると思います。